防犯対策してますか?
万が一は怖いけど、
どう対策すれば良いの?

全国的に、1日約100件以上の侵入窃盗が起きているそうです。こうした犯罪への対策としてセキュリティの強化が必要です。中でも効果的なのが、防犯カメラの設置。コンビニやATMコーナーなどには必ず防犯カメラが設置され、犯罪が発生した場合、犯人逮捕の有力な手掛かりとなり、実績も上げています。

あっという間の被害
「10分」で77万円

空き巣は家に入るまで5分、家の中では5分で仕事を済ませると言います。侵入に5分以上かかると、仕事を諦めるそうです。空き巣は慎重で、リスクは極力減らそうと考えます。その一方、最近は組織的な犯罪集団も暗躍していると言います。巧妙な手口を準備し、無防備な場所を狙っているかもしれません。

未然に防ぐには?
犯罪を諦めさせる事

ドライブレコーダーであおり運転の運転手を逮捕するように、動画が犯罪の証拠となるケースがテレビでも多く紹介されています。録画されていると思うと、犯罪者も犯罪の実行を諦めます。また、防犯カメラは犯罪だけではなく、車へのいたずらや、指定外のゴミ出しなどのマナー違反の抑止にも役立ちます。

防犯カメラで「万が一」を防ぐ

人の力に頼ることが難しい時間・場所での監視の目を増やすことは、最も簡単で・効果の高い防犯対策です。
録画データを遡ったり保存することは、機械であれば容易です。

防犯カメラ

防犯意識が「万が一」を防ぐ

スタッフ全員が愛知県警察の防犯対策の研修を受けています。
防犯カメラの導入にとどまらず、様々な犯罪手口について知り・学び、どう未然に防いでいくのかを一緒に考え、お客様に合わせた形で防犯対策をご提案していきます。

研修

防犯カメラ6のメリット

  1. 1

    屋外にあるカメラが
    犯罪者を威嚇!

  2. 2

    機械警備の高コスト不要
    自分での警備が可能

  3. 3

    リアルタイム・録画問わずすぐ見返せる

  4. 4

    盗難保険の対応が早い故障時は保険を適用(リース契約)

  5. 5

    見守りカメラで
    社内も見守る

  6. 6

    地域の犯罪率の減少に
    貢献できる!

デメリット

建物に穴をあける工事が必要/景観を損ねる可能性/初期コストがかかる

防犯カメラ設置ハ、コレラノでめりっとヲ上回ルメリットヲモタラスト考エマス!

導入フロー

防犯診断>現地調査>お申込み>リース審査>工事日程調整>工事>角度調整>ご説明・お引渡し